ブレイス法律事務所:大阪市北区(南森町)の弁護士事務所です。

大阪北区で労働問題・法律相談・お問い合わせはTel.06-6311-1378へ

大阪北区(梅田)で労働問題・法律相談はブレイス法律事務所:大阪市北区(南森町)の弁護士事務所です。

労働問題

HOME  >  労働問題  >  お問い合わせから解決まで・費用

お問い合わせから契約まで

労働問題のお問い合わせ

まずは電話でご連絡を(TEL06-6311-1378、お電話受付時間:月~金、午前9時30分~午後5時30分)
当事務所までご連絡をください。ご相談の予約を受け付けております。当事務所まで来所いただくか、こちらから出張相談(有料)も受け付けております。

労働問題のご相談 (初回30分の法律相談は無料です)

ご予約の時間に一度お会いします。
担当弁護士が、労働契約の内容、賃金の支払状況、事件発生に至る経緯等を聴取し、勝敗・解決の見通し、取りうる法的手段、裁判制度の概要等について親切丁寧にご説明いたします。
来所もしくは出張相談の際、お客様には以下の資料をご用意いただければ、相談がスムーズに進みます。

  • 労働契約書または労働条件通知書
  • 就業規則
  • 給与明細書
  • 相手方、裁判所等から届いた書類
    ex 内容証明郵便、労働審判申立書、訴状
  • 事件に関係する書類
    ex 解雇通知書(解雇の場合)、タイムカード(残業代請求の場合)
  • 印鑑(認印で結構です)
労働問題費用の見積もり

着手金、報酬金、実費・日当等についてお見積書を提示いたします。
なお、見積書の作成は無料ですし、見積書をご確認いただいたうえで契約をお断りすることも自由です。

労働問題の契約

見積書の内容をご承諾いただけましたら、正式にご契約書に調印していただき、委任契約が成立いたします。その際、担当弁護士の代理権限を証明する委任状もご作成いただきます。

労働問題の事件処理

担当弁護士が、お客様の代理人として事件処理にあたります。

裁判外の交渉の場合、担当弁護士が、直接相手方と連絡を取り、解決に向けて粘り強く相手方を説得・交渉します。相手方と合意に達すれば、合意書の作成・調印を行います。

労働審判、労働訴訟等の裁判手続の場合、担当弁護士が、法廷等に出頭し、お客様の主張を書面に記載して提出いたします。最終的に、判決(審判)や和解等により事件が解決するまで担当弁護士が出頭し続けます。

 

担当弁護士が交渉、出頭しますので、お客様が交渉の場へ参加したり、自ら法廷等へ足を運んだりする負担が軽減されます(ただし、証人尋問や労働審判等、お客様ご自身の出頭を要する場合もございます)。

最終解決

事件が解決しましたら、お客様にその旨をご報告いたします。

事件解決後、報酬金のご請求、事件処理に要した実費の清算、お客様からお預かりした原本類のご返却を行います。

費用の目安

裁判外の交渉の代理人 着手金 10万円(消費税別)~
報酬金 経済的利益の5.25%~ ※但し、最低10万円(消費税別)
労働審判の代理人 着手金 15万円(消費税別)~
(交渉から労働審判に移行した場合は5万円(消費税別)~)
報酬金 経済的利益の8.4%~ ※但し、最低15万円(消費税別)
労働訴訟の代理人 着手金 20万円(消費税別)~
(交渉から労働訴訟に移行した場合は10万円(消費税別)~)
報酬金 経済的利益の10.5%~ ※但し、最低20万円(消費税別)