ブレイス法律事務所:大阪市北区(南森町)の弁護士事務所です。

大阪北区で労働問題・法律相談・お問い合わせはTel.06-6311-1378へ

大阪北区(梅田)で労働問題・法律相談はブレイス法律事務所:大阪市北区(南森町)の弁護士事務所です。

労働問題

HOME  >  労働問題

労働トラブルが深刻化する前に弁護士に相談することが最良の策です。

労働トラブルは増加傾向にあります。「セクハラ」「パワハラ」「残業代請求」「名ばかり管理職」「メンタルヘルスの不調」「新型うつ病社員」などの言葉を耳にすることも多いかと思います。

労働トラブルは他人事ではありません。従業員数、事業規模、職種を問わず、労働トラブルは発生しうるのです。

「労働トラブルは大企業の問題」「うちは従業員数2~3名の零細企業なので関係ないです」などと他人事のような発言をされる社長がいますが、大きな勘違いです。中小企業からもしばしば労働トラブルのご相談を受けますし、中小企業の場合、労働トラブル(特に残業代請求)が会社経営を破綻させることもあります。

中小企業こそ、労働トラブル対策が必要なのです。

普段弁護士と接点のない社長が、「従業員から残業代請求を受けた」「労働審判の申立書が届いた」「訴状が届いた」「労働組合から団体交渉の申し入れがあった」など、労働トラブルが顕在化して慌てて当事務所にご相談に来られます。

しかしながら、当事務所に来られたときには手遅れになっていることがあります。「法的な対応が誤っている」「証拠がそろっていない」など。手遅れになる前に、ご相談を頂きたいというのが当事務所の切なる願いです。

労働トラブルは初動の対応が肝要です。社員に問題があるから大丈夫などと高をくくっていると、後で取り返しのつかない自体に発展しかねません。

労働トラブルが深刻化する前に弁護士に相談することが最良の策ですので、お気軽にご相談下さい。