ブレイス法律事務所:大阪市北区(南森町)の弁護士事務所です。

大阪北区で企業顧問・法律相談・お問い合わせはTel.06-6311-1378へ

大阪北区(梅田)で企業顧問・法律相談はブレイス法律事務所:大阪市北区(南森町)の弁護士事務所です。

企業顧問

HOME  >  企業顧問

顧問弁護士とは? 必要ですか??

ブレイス法律事務所は充実した法的サービスを提供します。

顧問弁護士が何をしてくれるのかよく分からないため、弁護士との顧問契約に躊躇している方もおられるのではないでしょうか?当事務所の顧問契約は、法律相談、電話相談、メール相談、契約書のチェックなど、様々な法的サービスを、いつでも気兼ねなく受けることができます。

また、当事務所では、顧問契約の特典として、当事務所所長への直通電話番号(携帯電話番号)をお知らせいたします。当事務所の顧問先は、営業時間外(18時以降、土・日・祝日)でも法律相談等の法的サービスを受けることができます。

 

中小企業の経営者の方から「仕事をしたが、代金を支払ってもらえない。」「金融機関への返済ができない。」「経営が傾き、資金繰りができない。」「従業員の労務管理について、アドバイスがほしい。」「契約書をみてほしい。」等に関する相談が寄せられますが、あと2~3ヶ月早くご相談いただけたら「回収が可能でした。」「従業員とのトラブルを回避できました。」という内容の相談が散見されます。

トラブルが発生してから、弁護士を探し始めるようでは、トラブルへの対応も遅れてしまいます。

当事務所では、平素から顧問先会社との情報交換等に努めておりますので、いざ、訴訟に発展する事態が発生しても、最良の解決を図ることが可能です。

相談が遅れた理由について

弁護士に相談するほどの事件でないと思っていた。
弁護士に相談すると高額の報酬を取られると思っていた。

等の声をよくお聞きします。

このような誤解に基づき弁護士への相談が遅れた結果「多額の貸倒を発生させたり」「損害金や残業代の請求を受けたり」場合によれば、会社を倒産に追い込む事態にまで発展するケースもございます。

 

このようなリスクを安定的かつリーズナブルに回避する制度が、「顧問契約」です。

 

皆様は、自動車を運転するときに保険に加入しますね。
当事務所の「顧問契約」は法的リスクに対する「保険」として機能するものです。

経営者の方のご相談内容は、多岐にわたります。法律問題かどうかはあまり気にせず、ぜひご相談下さい。